フローリングの現状

フローリングの洗浄方法

1.ノンワックス(ワックス不要)フローリング
床材自体に表面加工がしてあり、ワックスを塗る必要が無い加工がされています。

主に鏡面仕上げとツヤ消しが各メーカーから出ておりますが、耐久性や加工方法など飛躍的にアップして
昔のフローリングとは大違いです。私はツヤ消しの床材の方が将来的に良いと思います

この床材にワックスを塗ると密着不良を起こしマダラになったりします。

参考新築引き渡しの時点でノンワックス加工された床材にあえてワックス施工する会社や工務店があります。
理由は工事のキズ等を誤魔化すためです。

確認方法は荷造りテープ等を床材に貼り付けて密着させてから思い切り剥がして床にツヤの差や汚れがテープに付いてきたらワックスが塗られていた証拠です。

この方法でも密着するワックスもあります(リンレイ:ハイテクフローリングコートなど)この場合は残念ながら、はく離して取り除かないと将来マダラになり、見栄えが非常に悪くなります。床材の現状がわからない場合は無料で「部分はく離」施工を行いますのでお気軽にお問い合わせ下さい

2.はく離とワックス
古いワックスを「はく離剤」で溶かして新しいワックスやコーティングを塗る施工前の作業です。
床材にダメージを与えやすく、リスクの高い施工となります。特に古くワックスを何回も塗られた床材ははく離が大変です。
必ずテスト施工してから依頼するのが良いでしょう。
はく離剤もアルカリベースのはく離剤・溶剤ベースのはく離剤・中性のはく離剤と大きく3つのはく離剤があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

3.洗浄とワックス
床材自体に加工されていない無垢材や古い表面加工のフローリングにはワックスをおすすめします。

フローリングノンワックスでこんな事はありませんか?

  1. キッチンの床が油汚れなのか黒ずんできた
  2. ダイニングテーブルの下や通路・廊下の光沢が無い
  3. アルカリの強い洗剤で拭いたら、まだら状になった

注目ここ数年で一気に増えたフローリング床のワックス不要タイプ
実はワックスが不要でも、年数が経過すると黒ずんで来たり
まだら状になったり、美観を損なうようになってきます。
自分でもメンテナンスは可能です。ただし、時間はかかります

ノンワックスフローリング床のメンテナンス

ご自分でクリーニングも可能です
しかしながら、広範囲となると大変です
少しづつ範囲を決めてからクリーニングするとムラ無く、確実に作業が可能です

使用する道具

①床の掃除機掛けを行い、ゴミを取りのぞきます。

②メラミンスポンジを水に含ませてこすります。
乾燥したメラミンスポンジでこすると摩擦係数が上がりすぎてだめです。
見えない細かなキズが入ります。厳密には水を使っても細かなキズは入ります。
キッチンの床などは中性、弱アルカリベースの洗剤を併用するのも手です。
その際は、指先に力を入れず、手のひら全体でこする感覚でやるとムラ無く洗浄可能です。
鏡面仕上げの床材の場合は光沢が曇ることがあります。必ず目立たない場所でテスト施工して下さい。

③マイクロファイバーモップで拭き上げします
水分を吸収し目地までしっかり拭けるのはマイクロファイバーモップです。
※光沢がある床材はこちらを使ってみて下さい。研磨剤ゼロなので全く傷がつきません。

洗剤は泡立ちが少なく(低泡性)残留しない洗剤が良いです。
スプレーだと飛散して余計な場所にかけやすいので、バケツに希釈して使用するのが良いと思います。
下記の商品は使ったことがありませんが、中性洗剤なので素材に影響が無いと思います。

ウタマロ クリーナー 400ml
そんな面倒なことは出来ないと思った方へ

フローリングを傷めないメラミンスポンジパッドで優しく洗浄
高速ポリッシャー(洗浄マシン)・汚水回収バキューム・マイクロファイバーモップ
の業務用ツールを使うから、仕上がりが格段に上がります
メラミンスポンジ独自の細かな凹凸が木目の汚れをかき出し
ムラのない仕上がりにします。
※鏡面仕上げ等の床材は光沢が曇る場合があるのでテスト洗浄もしくは
別の洗浄方法で対応します。

はく離とワックス

はく離作業は古い汚れ・ワックスを「はくり剤」を使って溶かし、床に残るワックスなど汚れを"ゼロの状態"に持っていき
新たにワックスやコーティングを塗り直す前工程の作業となります。
フローリングの場合はひび割れ・退色がある場合は正直オススメしません。
リフォーム用の床材(通常12ミリが6ミリ厚)を上張り施工したほうが良いと思います。
ノンワックスに施工されたワックスを剥がす際は、はく離剤が有効です。

洗浄とワックス

床ワックスのメリット

1:美観効果
床の傷が埋まり、平滑になる為その結果光を反射し、輝く床になります
2:保護効果
ワックス皮膜がキズをブロックして、キズ付きやすい床の基材を保護する働きがあります。
3:お掃除簡単
均一な皮膜ができるので、フローリングワイパー等の滑りが良くなり、ホコリ。ゴミを集めやすくなりメンテナンスが楽になります

無垢材のワックス

サンドペーパーやスチールウールで研磨でき床材に浸透するオイルを塗るとかなりの長持ちがする床材です。
ワックスのおすすめはこちら↓
ワトコティンバーレックス
亜麻仁油ベースの植物性ワックスメーカー(イギリス)

ワックス・はく離基本作業工程

工程行程内容
1ソファー、テーブル等の家具を移動します。壁面の大型家具はそのまま施工します(事前に打ち合わせします)
2掃除機でゴミを吸引後、ポリッシャーか専用ツールで表面洗浄します。※はく離の場合はここではく離剤を塗布し床材に影響がない程度に放置します。
3洗浄によって出た洗剤分を含む汚水を掃除機で回収し、水拭き(リンス)を数回実施します
4ワックス塗布前に微細なチリをダスターで拭き取り
5フローリング専用ワックスをムラが出来ないように塗布
6扇風機で強制乾燥
7ダスター集塵後2層目を塗布、再度乾燥
8家具を元に配置して修正確認して完了です

 

ご注意

※大型重量家具・アンティーク品・高価な品物等、全ての移動はできません。
※ハクリ作業(ワックスをはがす)は別途お見積となります。

床の画像

作業金額

ノーワックス床

20帖まで

洗浄のみ

(はく離作業はナシ)

¥19,800

追加/帖¥900

人気

ワックス施工

20帖まで

¥45,000

追加/帖¥2,000

ツヤ復元

はくり作業

古いワックスを剥がし

新しく皮膜を作るベース作業

お見積り


新品同様

お申込み・問合せ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹内 康

2009年より練馬区で「夫婦の掃除専門店」として独立開業し、今年で8年目を迎えます。
掃除の仕事は平成元年から携わってきており、来年で30年目となります。
節目となる来年は何か還元できることを考えております。

投稿日:

Copyright© おそうじ研究室 , 2017 All Rights Reserved.