お役立ち記事

N95マスクとDS2マスクとは?

N95マスクが売り切れ状態ですね。
DS2マスクはまだ購入可能な様子です
N95は米国労働安全衛生研究所(NIOSH)が定めた規格
DS2は日本の厚生労働省が定めた規格

N95とDS2の性能はほぼ同等です。マスクを正しく装着し、顔にフィットさせれば、PM2.5や、ウイルスや放射性粉じんの吸入リスクを低減する目的にはどちらのマスクも有効です。
在中国日本大使館は2013年1月14日付「北京市等の大気汚染について」の中で、外出する場合に着用するマスクの種類として「N95」を挙げています。
N95は米国労働安全衛生研究所(NIOSH)が定めた規格で、DS2は日本の厚生労働省が定めた規格です。各々の規格に合格したマスクにはN95またはDS2の表示がされています。日本国内の労働作業現場でマスクを使用する場合は、国家検定品を使うことが法令で義務付けられていますが、ウイルスや震災対策、粒子状物質(PM2.5)対策にはN95、DS2どちらも吸入リスク低減に有効です。
ただし、市販されているサージカルマスク(一般のマスク)など検定に合格していないマスクは、ウイルス等の吸入リスクを低減する目的には使用できません。
せっかく購入したマスクが無駄にならないように、マスクの使用用途をはっきりさせて購入することをお勧めします。

3Mジャパン公式サイトより引用

新型コロナウィルスとは関係ありませんが、私も現場ではマスク必須となりました。
なぜなら、「ハウスダストアレルギー」になってしまったのです。

昨年10月に血液を採ってアレルギー検査で発覚しました。それからは現場で常時マスク着用しています。
この仕事は、普通の方よりホコリ・カビ等身近に存在するのに対策を全くしていなかったのです。

「自分は大丈夫じゃないか」そんな根拠の無い自信がありました。
特にエアコン等はホコリ・カビが蔓延しています。
冬場はエアコン内部も乾燥し、外気導入など寒くてできないので、ホコリ(ハウスダスト)もフィルター掃除していないと
どんどん溜まり、本体に負荷がかかり、風量にも影響が出ます。

忘れがちですが、フィルター掃除はこまめに行い、快適な環境で過ごしていただければと思います。

おそうじ研究室お問い合わせ無料電話番号
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
竹内 康

竹内 康

閲覧ありがとうございます。 2018年10月より活動拠点を東京から札幌に変更となりました 新天地でもお客様に喜ばれ、ご期待以上のサービスを提供できるよう 精進します。

-お役立ち記事

Copyright© 札幌のエアコン掃除業者|おそうじ研究室 , 2020 All Rights Reserved.