業務用天吊り型・床置き型エアコン

目次

天井吊り下げエアコンとは?

天井吊り下げエアコンは天埋めエアコンのように天井に埋め込んでいるのではなく
天井から吊り下げているエアコンとなります。

天井吊り下げエアコンのメリット・デメリット

ここがおすすめ
ここが問題
  • 天井埋め込みと比較して工事費が安い(天井が造作されている場合)
  • 排水が自然排水なので窓付近に取り付けする必要がある

天井吊り下げエアコンのクリーニングで重要なことは?

エアコン下に障害物が無いか、仮にあっても脚立や踏み台を置いて分解できる事が条件です。
クリーニングでは送風ファンとモーター・ドレンパンを下ろしてクリーニングします。

天井吊り下げエアコンの施工例

天井吊り下げエアコン掃除の料金は?

台数クリーニング料金
1台¥22,000
2台¥42,000
3台¥60,000
4台¥76,000
5台¥92,500
6台¥108,000

床置き型エアコンとは?

家庭用床置きエアコンはその名前のまま床に置いた状態のエアコンとなります
東京に住んでいた際は、数回クリーニングした経験があります。

業務用床置きエアコンは北海道では多く設置されている機種です。
業務用タイプは古いタイプのものから比較的多く施工しています。

参考:https://www.daikinaircon.com/sumai/aircon/housing/floor/index.html
業務用床置き型https://www.daikinaircon.com/shopoffice/products/indoor/floor/

床置き型エアコンのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 収納内に収めると出っ張りが無くなり美観が良い
  • 足元から風が出るので温まりやすく底冷えしない
  • 床や壁から出っ張る
  • 棚や収納に収めると分解清掃できない場合がある

床置き型エアコンのクリーニングで重要なことは?

まず、熱交換器の場所がどこに配置されているかにより作業が可能かどうか見極めが必要です。
ドレンパンの下に電気系統がある場合は十分な養生が必要となります。
ファンカバーが取り外しが困難な機種もあります。
それと、洗浄する際にドレンパンがオーバーフローすることがあるので、洗浄と同時に掃除機で
汚水の回収も必要となる事が多いです。

床置き型エアコンの施工例

床置き型エアコン掃除の料金は?

台数クリーニング料金
1台22,000円
2台42,000円
3台57,000円

3台以上の場合は要見積となります。

まとめ

床置き型は家庭用の場合は洗浄が難しく、おすすめしません。
業務用の床置き型は面倒な事が少ないので問題なくクリーニングが出来ることが多く
養生も簡単な場合が多いです。

目次
閉じる